一般社団法人による資格認証

防災危機管理者養成講座

地震・水害・土砂災害・火山噴火に備える資格講座

 

イベント・キャンペーン告知

キャンペーン情報

受講料割引

お問い合せはこちら

 

  

 

防災危機管理者とは 防災危機管理者の基礎がわかりますこんなとき役立つ防災危機管理者 防災危機管理者が役立つのはこんなとき防災危機管理者の社会的役割 防災危機管理者が担う社会的役割とは防災危機管理者の資格取得の流れ 資格取得までの流れをわかりやすく説明します近年の災害事情 東日本大震災の教訓を生かす資格取得者からの感想文 受講生からいただいた講座の率直な感想

2018年 相次ぐ火山活動。情報収集手段を見極め十分な防災、減災のために情報を生かしましょう。

防災危機管理の知見を習得するために、「防災危機管理者養成講座」を受講され資格取得されました方々(現国会議員をはじめ、都道府県・市区長村の首長、公務員・自衛官・会社員・学生の方など)の感想文を掲載しております。

2018年6月のお知らせ 6月は「全国 防災・減災強化月間」

6月は梅雨入りです。気象庁は、向こう3か月の日本列島の気温は高いと予想しています。1999年6月29日の豪雨災害では死者行方不明者39名の犠牲が出るなど6月から土砂災害の発生が予想されます。自然災害等から自分の身を守り、家族の安全を守るため、防災学習に取り組んでください。
6月は「全国 防災・減災強化月間」として6月30日までのお申込みの方は、認定社団法人の協力を得て、受講料66,800円のところ8,000円割引の58,800円となります。この機会にご受講ください。

資格取得者の感想文や声を掲載

最新の資格取得した方から、心構えができた、受講した知識を地域で共有するなどの声や感想を直筆でいただきましたので掲載しています。ぜひご一読ください

Topics

2018年6月18日

大阪府北部を震源とするM5.9の地震を観測
2018年6月18日7:58頃、大阪府北部を震源とするM5.9の地震があり、大阪府大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市で震度6弱の揺れを観測しました。政府は午前8時に総理大臣官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置しています。

2018年6月12日

千葉・房総半島沖で大地震の前兆である「スロースリップ現象」を観測
政府の地震調査委員会によると、6月初め千葉・房総半島沖のプレート境界の岩盤が南東方向におよそ6.5cm滑り動いたとみられる。平田直委員長は今後、比較的大きな地震が起きる可能性があるとして注意を呼びかけている。

2018年4月26日

宮崎、鹿児島県境にある霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生
福岡管区気象台 鹿児島地方気象台によると、4月26日18:15頃、宮崎、鹿児島県境にある霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生しました。周辺では十分な警戒をお願いします。

2018年4月09日

島根県西部で震度5強、5人重軽傷 建物破損も
4月9日午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする強い地震があり、同県大田市で震度5強を観測した。隣接する出雲市などで震度5弱、中四国地方の広い範囲でも震度4を記録した。気象庁によると、震源の深さは約12キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定。県などによると、大田、出雲両市で男女5人が骨折などの重軽傷を負った。気象庁は、今後1週間程度は同規模の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

2018年3月25日

霧島連山・新燃岳の噴火情報に注意
宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(しんもえだけ、1421メートル)で昨年10月以降始まった火山活動が3月下旬になっても衰えが見えず25日午前8時45分にごく小規模な火砕流が火口の西約800メートルまで流れました。気象台は引き続き、火口の半径2キロ以内で火砕流、同3キロ以内で大きな噴石に警戒を呼び掛けるとともに、3キロ以遠でも火山れきや爆発に伴う空振、火山ガスへの注意を促しています。

2018年1月19日

M7.3の首都直下地震、36万カ所で被害 国交省推計(朝日新聞)
M7・3の首都直下地震が起きると、宅地での被害が約36万カ所で起きうることが、国土交通省の推計で新たにわかった。擁壁が崩れれば危険なうえ、救助活動の妨げにもなる。同省は擁壁調査に補助金を出し、自治体に対策を促す。

2017年4月21日

テロや武力攻撃から身を守るために
内閣官房の「国民保護ポータルサイト」では、ミサイル攻撃の際、国民に身を守るためにとるべき行動を確認するよう注意喚起した。

2014年12月19日

首都直下型地震は、8年以内に100%起きる
政府は、今後30年以内に震度6以上の地震が発生する確率を東京46%、横浜78%と発表した。被害想定を見直し。死者23,000人、家屋倒壊61万戸、被害総額95兆円。防災減災対策により被害は半減できる。

2014年12月19日

「富士山噴火について」各地で活発化する火山活動
・噴火は予知される。現在危機的状況である。(フランス地震科学研究所)
・日本は中央で分断され浜岡原発は止まっていても危ない。
・飛行機、新幹線、高速道路等インフラは完全ストップ。
・噴火したら半径100km圏内に黒い雨が降る。

割引制度のお知らせ

防災危機管理者養成講座は防災、減災の知識を広く社会に普及させるため受講料の割引をいたします。対象は、団体・法人・学生等です。詳しくは、事務局までお問い合わせ下さい

防災危機管理者と他の防災教育との比較について

防災危機管理者と他の防災教育との比較についてお問い合わせをいただきましたので、当講座の特長や資格取得者からの感想文リンクを掲載していますのでご参考になさってください。


在籍証明証
組織または事業所でお申し込み・認定の方へは在籍を掲示できる「防災危機管理者」の在籍証明証を発行いたします。
詳しいサンプルはこちら
カードサイズ認定証
従来の認定証(A4サイズ)に加え、携帯可能な資格取得者認定証も認定者にお渡ししています。
詳しいサンプルはこちら

資料請求

 

ご質問、お問い合わせなどは
TEL:03-5656-5343(受付時間10時~12時、13時~16時)
FAX:03-3624-8930(24時間受付)までお問い合わせください。

Copyright © Disaster Prevention Control Association of Japan. All Rights Reserved.